ブログ

むらたえりこです。

二ヶ月ぶりにラーメン屋さんに行った

今の家の最寄駅は各駅停車しか止まらないこぢんまりした駅だけど、15分くらい歩けば快速の止まる駅と、10分ちょっと歩けば準特急の止まる駅快速の止まる駅に挟まれてる。

散歩がてら15分の距離にある駅に買い物へ行った。

甲州街道をぺたぺた歩いてると、途中でお腹がすいてラーメンのことしか考えられなくなる。

世の中がコロナだからと自主的に外出を控える前に、友達と来たラーメン屋さんがその駅にはあるからなのか、ここに来る=ラーメン!と体が覚えてしまったのかもしれない。

 

全てが曖昧な緊急事態宣言の解除。しかしこれをいいことにわたしはラーメンを食べることに決めた。

 

夕飯の買い物をする前に、ラーメン屋さんに入る。

本当の本当に二ヶ月振りの外食で気持ちが落ち着かない。

見ず知らずの人に罪を被されるのではないかとか、一瞬の外食でウィルスを広げてしまうとか言われるのではないかとか、見えないことが頭をざっと過ったが食券を買えばラーメンは食べられる。

機械にお金を入れて食券を買う。店員さんが席に案内してくれる。店員さんとはいえ見ず知らずの人に世話を焼かれてるなあと思ったし、スーパーやコンビニ意外で人の仕事に触れ合うのは久しぶりだった。

ラーメンを待ってる間もパラパラと、お客さんはラーメンを食べに来る。

 

少し時間が経ったのでTwitterを見てみる。

友達の憤った声や、テラスハウスのこと、政治のこと。

また不穏な空気が漂い始めてるな。

と思ってたらラーメンができて、食べた。

この何が危険だったんだろうかと思わされるほど、なにごともなくラーメンを食べ終えて、本当に馬鹿馬鹿しいなと思った。

5月25日になった瞬間にコロッと状況は変わり、誰かに何か言われるわけでもなく「お店も空いているので外食もなんとなくオッケー」みたいな感じになり、やっぱりわたしはラーメンを食べにきた。食べる前に手を洗い消毒をしないことも、カウンターには調味料とダスターしか置いてないこと。これのなにがおかしかったんだろう。

 

人は一度生活水準をあげると、もうその前の生活には戻れないらしい。

 

お店やお客さんを守るために食べる前に手を洗って消毒をすることに躍起になっていたことも、カウンターに置かれていた消毒液も、なんだか夢のような話で掴みどころがなかった。

わかってなかった

 

ようやっと部屋を別々にした。

振り分けの間取りではないですが寝室をわたしがもらうことになった。

リビングにあったわたしの本棚はわたしの部屋へ。テレビはダイニングキッチンへ移動させよう。

 

前へ進んだはずなのに、2年前から今までやってきたことが全部無駄だったように感じるのは、今日の今日だから。

今は渦巻の1番外側のところにいて、まだここは嵐の中だ。

きっと朝目が覚めたらもう少し違う場所にいて、もっと時間が経てば「ああ、やっぱり無駄なことってないよな〜」とぼうっとしていられると思ってる。

 

希望はもうないと再三言ってきたつもりだったが、彼は今日ようやっとそれがわかったらしかった。

誰のせいにもできない。自分のせいにしかできないけど、そうやって何かにしがみついていたのかもしれない。

宙ぶらりんになったような、でもだからこそどこまで行けるような気もする。

自由には決断力が無いといけないのだね。

燃え尽きるまでのことを後ろ向きになっている暇はない。

あの時はたのしかったな〜って思いたく無い。それはいつでもそう。そんなバカなこと思っていいはずない。

どうせ思い出せないんだちょっと前のことだってさ。気持ちだけが残っててそんなのアホくさいよ。

 

おでん屋さんのお客さんの顔が見たいなって、そういう日常が戻って欲しいなってすごく強く思ったらちょっと泣けた。

世田谷ウォーズ

 

p.s昼間や夜中SNSにいる人たちが減った。

きっとみんな仕事が始まったのだろうね。

 

誰かが書いたものを読むと元気が出る。

きっとそう思う人もいるし、何よりいま自分が人の書いたものを読みたいから書くことにした。これが3時間くらい前の話なんだけど愚痴みたいなものになったり、被害者ぶってたり、嫌な思いをさせたいと読まれてしまうようなものを書いては消しを繰り返し、この延長線上でいいと思うものが書けるわけないと諦めた。

その後はハガレンをアニメで流し見て、数独をやったり、スーラータンみたいなスープを作ったり、チョコパイを食べたりしたけどどれもしっくりこなかった。

もう、画面を見すぎて疲れた。

でもそんなことくらいしかいまはできない気がする。1人で暮らしているわけではないが1人の時よりつまらない。だから画面に頼るしかない。

本を読み続ける忍耐力もないが、時代の流れに逆らってても仕方がない。ケータイがなくてはならないものになったのは悲しい。でも別にいい。そうやって歌も絵もマンガも本もテレビも映画も存在しては薄れていったりしていたのだろうから。

 

最近はまだ見ぬ好きな人に想いを馳せてばかりいる。恋愛が好きだと思うことよりもよくわからないという気持ちの方が大きいけど、人を好きな自分が好きなんだと思う。あと好かれたら心地が良い。

非常に傲慢だけれど、好きだとぽーッとしていたりうっとりしていたりするその夢中な感じが絶えず続くのが好きだ。何をしていてもその夢中な感じは続く。

そういうのがアホらしくて今住んでいる人となら冷静に居られると思って付き合いだらだらと一緒に住み始めたが、自分に嘘をつくのはやっぱり苦手なことだった。

ぽーッとしている自分のことまで好きになれて、世の中のこともこれから先のこともそんなことどうでも良くなるところにいたい。

時代のことを考えると、誰かとペアになることが最善だとは言えない。

型に囚われず大きく人と繋がり合っていたい。

ただ、そうは言ったもののわたしはまだ変わり目の世代なので両方に憧れる。

番になり一生添い遂げたりすることも、新しい人間関係のことも気になるが、感覚的に馴染み深い前者にいまは興味がある。

まあ、そんな細かいことはどうでも良い。

ただ、すてきな人に出会いたいと思っているだけ。

 

ちゃんとわかってくれている人はわかると思うけど、SNSで書くようなことや面倒な思考の旅も本当に望んでいることじゃない。

単純でいると、突然ライフルの弾が頬をかする時がある。それにいちいち撃たれていては回復に時間がかかり、下手すりゃ死ぬ。

だから対抗する武器を持つことや防弾チョッキを着たりすることだと思う。言葉にしているのは。

本当はたくさん眠り、芝生の丘で走り回ったり、音楽を流して踊ったり、疲れたらレジャーシートしいて作ってきたり作ってきてくれたサンドイッチを食べ「おいしいね、たのしいね、うれしいね」って言えれば良い。

 

だから、これから好き合う人がわたしのそういうところをわかってくれれば良いなと思う。

自分でネタばらしをするのって格好つかないかもしれないけど、今日はちょっと言っときたい。

 

皆自分の装備を人に見てもらいたい。わたしもそう思う。そしてみんなのその分厚い装備の中のことまで考えたい。大好きだから。