5、6日目「タルトタタンをもう一度」

昨日は五反田でお茶するのを辞めて、ニューデイズでカフェラテを買って電車を待つ間と、電車で飲んだ。

 

家に帰ってプロレスを2日分見る。風を引いたときに買ってきてもらったあんみつを食べた。寒天がハート型で時間差ラブパンチを食らった。プロレスを見終わるとたのしみがなくなった気持ちになりなんだか寂しくなってし待った。次の中継は2日後。つまり明日。

 

それからバイトに行く。電車で。

 

バイトはいつも通り楽しかった。途中ちょっと忙しかったっけな忘れちゃった。優作とぶつかりまくってた。デートで浮かれていて自分の体がおかしかった。なんだか甘酸っぱい気持ち。

あ、野村くんがきてくれたんだムタくん?お友達を連れて。

野村くんまだ遊んだことないけどなんだか会うとラッキーな感じがするというか、こう気持ちがいい。はっきりしているというか、明確な感じがするよねって沖さんとも話した。

すごくいい子ですてきな子なんだと思う。

飲み屋やカフェで働いているとすいません、と呼び止められることが多いがそこに「お姉さん」が付くとちょーっとそれは嫌な気持ちになる。「すいませんおねえさん!」ってね。

野村くんくらいじゃないかな、飲み屋のお姉さんのことお姉さんって呼んでいいのは。他の人はどの女の店員さんのこともお姉さんって呼んじゃダメだと思う。おかしいよ、お姉さんじゃないし。女性性を感じてしまう気がする。わたしはお姉さんなんて呼ばれる筋合いはねえって思っちゃう。野村くんはオッケー。

 

ほいで家の帰って何したんだっけ、あ、そうそうあさひがきたんだった。

なんかいつものようにさらさらっと話して、お互いをいたわり、コンビニでアイスを買って家に帰ってあさひはすぐ寝た。わたしも割とすぐ寝た。

 

ほんで今日。朝日の目覚ましでだいぶ朝方に起きたと思う。目覚まし音はロッキーのテーマ。普段なんとも思ってないけどあれで起こされたらむさ苦しかった。作曲(者)勝ち。

ほんでもう一度起きたらあさひは居なくて、布団も仕舞われてた。あさひが出て行くの全く気がつかなかった。こんなの初めてかも。いい加減、旭に合鍵を作ってあげようと思う。ここに引っ越してきてからずっと思ってる。

 

そんで結局9:30くらいに目が覚めたらものすごくトイレに行きたかったのでトイレに行ったんだけどもう残尿感がすごくて膀胱炎ですね。もはや毎年1回はなってる。1回で済めば万々歳。よく働いている気がしたのでそろそろ体調崩すかなと思ったら静かに内側が死んでました。アンという名の少女をみた。ハラハラした。アンは相変わらずうるせえ小娘なんだよなあ全くもう。

そいでいっぱい水飲んでいっぱいトイレに行った。ばい菌を外へ出すのだ。俺は死にたくない。

 

そんでバイト。めちゃくちゃ暇だった残尿感が気になって多分ちゃんと働いてない。最近カッフェのバイトは働いてない。怠けてる。舐め腐ってる。だってもう2年も経ったらしょーがないよね。世の中しょーがないことだらけ。いくら続けても時給は上がらない。960円。それでお客さんからコーヒーがグラスの外にいっぱいついててとか言われてそれの対応しなきゃいけねーのかよありえん。よさみは深くない。良き、でもない。キモい言葉使うな。体に馴染んでない言葉がなぜ使えるのかわたしは不思議で仕方がない。

 

バイトでカレーを仕込んだんだけどひき肉と玉ねぎ炒めてヨーグルト入れてクミンカイエンヌペッパーターメリックコリアンダーの四つでカレーになるんだからマジでスパイスって魔法。カレーは科学。スパイスにハマる人の気持ちがよくわかったなり。

 

バイトも早上がり。店長とみずほちゃんと喋ってたら1日が終わりそうでだった。と思ってたらぱたんと本を閉じるように終わった。一階の本屋さんで社員さんとかバイトの人と話したけどみんなふにゃーみたいな取り繕った語尾だから話してるとめんどくさい。いちいち意味わかんなくて死ぬ。わしが。

 

見えないものを信じようと決意した人は強い。それだけで人生挫折してる。自ら挫折の道を選ぶとかすごい。わたしそっち派閥だけど。うけるわ。

 

ほいでカレー作ってるときにみじん切りにした生姜の匂いを嗅いでたら生姜湯に入りたくなっちゃって入浴剤を買って帰った。このきぉちの意味わかる?単純なことはいいことだと思う。ザマーミロ!自分がして欲しいことは自分でわかってる。だから自分でやる。

 

帰ったらはなちゃんがいて、でももうすぐバイトに行っちゃう感じだった。ほんでばいとにいった。最近花ちゃんとすれ違いの生活しててつらい。一緒にご飯食べたりなんか一緒にゆっくり見たりしたい。ほんでさみしいと思い出したらなんだか寂しさの溝にすっぽりはまっちゃって動けなくなってしまった。怖い話を思い出したみたいに。

彼に電話でもしてみようかなと思ったけど恥ずかしくてためらってたらはなちゃんのバイトしてるバーに行ったよという状況が伝わってくる隅っこに自分が写ってて真ん中にはなちゃんが写ってるいわゆる自撮りみたいな写真が送られてきた。わたし絶対自撮りナウはしないなあって送られてくるたびに思う。わたしにゃそんな自分を写す自信はない...欲しいけど、一生手に入らないだろうから顔のどアップとかインスタにあげてる。この写真に自分が写っていなきゃいけない状況とは、と考えてしまうのはわたしが「目に見えるものの見えないとこ研究家」だからかな。まあ世の中では写真家って呼ばれてるんだけど。わたしはまだ世の中に認められてないから写真家じゃない。世の中のスタンダードにはまらないと認められることは難しいよね。だーったら認められなくていい。世の中がスタンダードって思ってやってることとかもの、すげーキモいから。

 

ほいでおふろあらってニューヨク剤入れて湯船浸かった。入浴剤ってたのしいな。気持ちが若返るあの匂いあの色。湯釜を打つ波の音。

ぬるーいお湯にゆっくり浸かった。熱いお湯だとすぐのぼせる。ユデダコ。お酒もすぐゆでダコ。なんでも弱い。体もなんだかんだ弱いっていうか変化に敏感だからすぐ体調崩すし、膀胱炎になる。ウケるんだけどこのナリで笑すいませんなんか。病欠は七割仮病だと思われてると思って生きてる。もう一度最後に、ウケるんだけど。

 

そんでおふろ上がってプロジェクターでバレエを観た。コッペリア。キュートだった。バリエーションよりみんなで踊ってるのがよかったななんていうんだっけねあの最後の方とか最初もそうだけど。

 

その間もずっと寂しくてインターネットから離れては戻り離れては戻りってやってた。これマジで無意味だなと思いながら。しょーがない。さみしいだなんて感情久しぶりな感じがする。それも結構に寂しかった。奈落の底をのぞいている感じだった。落ちるほど子供ではないから。

 

そうしたらもういつの間にかはなちゃんが帰ってくる時間だった。でもわたしの脳みそはブルーライトで溶けてたから頭が回らず頭が回らず。彼と何を話したかとか聞きたいんだけど明日にしますわ。

 

そしてこうしてわたしは今もブルーライトで脳を焼いている。外はカリッと中はとろけるよ。

輝かしい日々を久しぶりに送ったから、普通の日にびっくりしているのかな。わたしもまだまだだなー。好きな人には言える時にたくさん好きと言い、好きだということを態度で示そう。

 

体はやわで素直だから嘘をつかない。

 

さあこれでわたしのタスクが減りました。あースッキリ。なんか殴り書きみたいに書いちゃったけどまあこういうのも許して!

夏休み6日目でもうこのスタイルの更新飽きてます。よかったらこれも見てね。更新は暇だったらする。最近、暇じゃないってことを認められるようになりました。

むらたえりこの「きょうからなつやすみ」写真

 

 

おやすみなさい。今日も好きですよ。

3日目、4日目「それはそれは夏も本番」

五反田から山手線に乗り換え、家に帰ろうと思ったけど新宿方面は混んでいたので反対回りで帰る。3倍くらいの時間がかかるけど座ってゆっくり窓から景色を眺める。

 

夏休み3日目の一昨日もギリギリに起きてバイトに行きました。キッチンが暑すぎて疲れて頭がおかしくなりそうでした。

閉店間際のお会計中に「アイスコーヒーを頼んだんですけどグラスの周りにコーヒーがたくさんですね?」って常連さんらしいお客さんに言われました。全然意味がわからなくて挽いた豆が付いているのか、アイスコーヒーの水滴がたくさんついてるのかとかいろんな映像を想像したんですけどわかんなくて、でもお客さんは深刻そうで、「手にコーヒーの匂いがつくくらい、コースターが汚れるくらい。ついてたんです。」って言われてやっとわかった。注ぐ時にグラスの外へ溢れてしまったもののことだった。

でもそれって拭けばいいもので、それをどうしてわたしに言ってるのか、どうして欲しいのか、かたちの謝罪なんてわたしは欲しいと思ったことないし、お会計中でお金も間違えずに渡さなくてはいけないし、パッと瞬時にいろいろなことに思考を巡らせたけど結局俯いてすいませんと言う意外にわたしにできることはなかった。こうしてほしいと思う人ほど何も言わないものだ。わたしには全くわからなったけど。

そのお客さんにすいませんと言った後納得していなかったようなのでわたしはどうしたらいいか、聞こうと思ったけどこう言う人ってそういうわたしの素直さとか純粋な気持ちは理解できないだろうと思ってそのあとも何もできなかった。そうしたらツイッターでその人が店の名前をだして不満を訴えていた。「コップにコーヒーが付いていて汚い」とか、「好きだからまた行くとは思うけど、「最近は最高の雰囲気がない」など書いていた。

常連さんで店が好きなわけではないよねこの人は。自分のことを守りたいのだ。みんな自分の居場所を探している。おしゃれで静かなカッフェでパソコンを開いて作業をしている自分が好きなんだろうな。わたしがお店をやっていたらアイスコーヒーしか頼まないで文句を言う人は来なくていいなと思うだろうね。おでん屋さんのお客さんは絶対そんなこと言わないだろうなとか失礼だけど勝手に考えてぶーたれてた。時給も低いし、慣れない店舗は暑いし、お客さんは高飛車だからやめようかなつまんないもん。社員さんもバイトの人もみんないい人で働きやすいから続いているけど、なんかどうでもいいよなこう言う余裕のない人がキモいこと思ってんのとか、キモいこと言う余裕のない人がいるのとか。わたしがここで働いていなくてお客さんとしてこのお店に来られるのならとても嬉しいしありがたいと思うよ。ちょっとうるさのとか、ちょっとコーヒーが溢れていたくらい愛おしい気持ちで見えなくなるぞ。きっとみんな人に何かをしてもらっている自分に興奮するんだね。わたしは違う絶対に違う。そんな性癖ない。「こんなわたしにコーヒーを出してくれて有難い。そりゃこんなに暑い中、世の中が休日の中仕事をしてるんだからおしゃべりくらいしたいよね、世の中は休みなのに働いてくれる人がいるからわたしはすてきな店でコーヒーが飲めるんだな。ああ、悪くない。溢れたコーヒーもまるごと愛そう。気がついてないみたいだけど、ここのお店は丁寧な暮らしみたいなコンセプトだろうから今日はたまたまだろう。こう言うことが続けば言ってみよう。それでも完璧じゃないことっていうのは世界へのすてきな余白が見れていいからな。ふふふ、なんでもいいや。」って思うだろうな。

あーでもこの前行った都会の店は店員さんが嫌だったけどあれはショーガナイ。

店員さんにもお客さんにも月のめぐりがある。そしてそれはあなたの人生の全てではないと言うこと。見える表面だけを撫で回しても、それを全てだと思っても仕方がないのだ。

 

ほいで、暑さに参っていた3日目は家に帰り彼も忙しそうなのではなちゃんに遊んでもらおうと思ったけど、はなちゃんはバイトでした。

家でプロレスを見ていたら彼が家に来ると言うのでかわいい柄のタンクトップというか、パジャマを着て迎えに行った。

はなちゃんが帰ってきてワールドカップの決勝を見た。フランスが勝った。

 

 

 

そして目が覚めて4日目。

いつもの慣れたお店だったのでなんだか楽しくきちんと働いて終わり、元気があったので一度家に帰ったらしい彼を誘いと東京タワーに行くことにした。なんとなく夜景とかそう言うものが見たかった。バイト終わりに都会へ出て、お出かけだなんてワクワクしたのでシャワーを浴び、ちょっとだけお化粧をして出かけた。みようみようと言っていた映画を見ることにして映画館で待ち合わせる。ちょっと時間があってお腹が空いていたので有楽町の線路沿いのドトールでツナとチェダーチーズのホットサンドと、アイスティーを頼む。映画の内容的にタバコが吸いたくなりそうだったのでこの日初めてのタバコを吸おうと思ったら、タバコは家に忘れていた。くそーと思いながらコンビニでタバコと火をつけると赤いライトのつくライターを買って人通りの少ない場所見つけこっそりと吸った。

映画館は涼しくて暑さで火照っていた体が生まれた時の温度に戻った感じがした。あかちゃんって暖かいのだろうけど、なんだかそういう感じがした。

映画館を出て、東京タワーまで歩く。夜をくるくる回りながら歩いて、歩いた。もうすぐ最終入場の時間にチケットを買い、それからするっと展望階に着く。エレベーターとても早いあっさりと到着。久しぶりに来た東京タワーはなんだかちゃちで、ガラスは分厚く頑丈で汚れていて大して綺麗にも見えなかったけどきれいで、なんだかたのしかった。

お台場方面は工事中で見られなかった。でもそんなのなんでもなかった。

大門でラーメンを食べた。それから浅草線に乗って彼の家に帰った。アイスを食べながらゆっくり帰った。

 

そして今日、5日目。それはまた、後で書きますわん。

 

日記らしい日記というのは人に見せるのが少し変な感じがするな。書こうと思ってもかけない気持ちとかけないことがたくさんある。

 

そういう余白はわたしだけのものだ。

 

 

 

 

 

大事にしたい。

2日目「きょうもたのしい」

昨日書くの忘れてたんですけどお風呂で鼻うがいをしたのが結構面白かったです。

ぬるま湯にお塩をチョイチョイっと入れて鼻から吸うとだーっと口からでてくるやつ。お塩を入れると鼻がツーンと痛くならない。

 

あと、バイト後にみんなでのみにいってたのしかったです。みんな百億倍くらいおもしろい。基準はないけど。とにかく百万倍くらいおもしろい。

 

ということで、今日は夏休み2日目。

朝起きて速攻でバイトに行き、暇だったのでタラタラ頑張りました。

人生で初めて、シフォンケーキを焼いたんですけど、紅茶味にしなきゃいけなかったのに教わるので忙しくて、教えてくれるお姉さんもそれに忙しくて、ついうっかり、プレーンなシフォンケーキになってしまいました。おもしろかった。たくさん笑った。

 

そんで終わったら彼と映画見に行こうかって言ってたんだけど、バイトが終わった連絡をしても今何してるのかとか言わなかったので、相手が言わない時はそういうの詮索っていうかなんていうかあんまり聞くもんじゃないなってなんとなく自然と思っているみたいでわたし、なんかふにゃふにゃしてたら「いくのかいかないのかわからない〜」と、無しになっちゃいましたので、どちらも様子を伺っていたというか、なんというかそんな感じだったのかなあと思い帰りました。わたしもいくのかいかないのかわからない〜ってなってました。

人は一緒にいたり何かしようとすれば大体似たような気持ちになってるんだよな〜きっと。あと、予定を組むのが苦手なので、まあ行ける時にいければいい。気持ちを楽にして。来週はプラネタリウムに行く予定だけど、決行されるかな〜!私の気持ち次第みたいなとこあるんだろうな...。

私の周りだと今日はなんとなく無し〜みたいなのとか、あ、なんかよくわかんないからまた今度ね〜っていうのは別になんてことないからあれなんだけど、これ普通じゃないんだよねきっと...西林とか、よしみちゃんとか、はなちゃんとかしゅんちゃんとかならよくあるよねえ...?でもよくないよね気分次第は相手によってはやめたいような気もする。年々こういうことができなくなってくる。普通が難しい。とりあえず世界に謝っている。

 

家に帰りNetflixを立ち上げ、『アンという名の少女』を5話くらいまとめて見ました。毎回心臓に汗をかき、涙を流しながら見ているので、アンちゃん学校にも馴染んだりとかして、さあそろそろ話もひと段落するかなと思ったらもう不幸が舞い降りて来て、悪い奴が下宿しに来たりとかしてそれで辛くなって今日は一旦やめます。それでもシーズン1は全部見ちゃいました。一気見はだめ。内容がまったく頭に入っていない。ただでさえ映画とか漫画とか覚えてないんだから。まあ、いつも初めて見る時のような気持ちだからいいけど。

 

そういえば最近家のエアコンを一日中つけっぱなしにしているんだけど今日帰ったら消えてた。消しちゃってたかな、と思いながらも換気されているからかなんとなく気持ちがいいのでうっすら汗をかきながら過ごした。

 

はなちゃんが帰ってきて、アイス買って来てくれた。キウイの。

 

今日やり残したことはラーメンを食べることくらいかなあ。暑いから食欲って食欲じゃなくてスタミナ摂り貯めようみたいな感覚だから別にたべなくてもモウマンタイ。

 

あ、今日はうどんを茹でて生卵とめんつゆとオリーブオイルをグルーっと垂らして食べたらとても美味しかったのが面白かったです。