宇宙の藻屑、繊細と知識の共存

突然だけどみんな自分をなんだと思って生きてる?

 

この世の藻屑だと思って生きてるでしょ?だからぶつかりそうな場所の近くを歩くんだろうね。

私にもわかるよその気持ち。疲れてるんでしょ?疲れてると他人のことなんかどうでもいいっていうより、自分にバックしてくることくらいしか目がいかなくなる。優しくしてくれる人や気持ちよくなれることにあたたかさを感じ、満員電車では自分の場所だけ守ろうとするんだよね。自分が気持ちよくなることだけね守るんだよみんな。守らなくたってそんなもんいくらでもあるよお前らみたいなチビ脳、スカスカ心になら。インスタ映えでも、機材チュウ(キザイチュウ毒)でも心は満たされたとチビ脳は理解するんだ。アマチャンっていうのは理屈くさいのだ。下手なリクツ。

 

ところで、お店でご飯を食べた後に「おあいそお願いします」っていう人いるじゃない?あれは間違いなんだよね。オアイソって漢字に変換すると御愛想。お店の人が使う言葉なんだよ。「あそこのお客さんが愛想つかしてしまいました」=お会計っていうことだと何かで読んだ。

ハァー最悪。こんな知識なければわたしは今後のあと50年くらい続くであろう人生、他人の口から出る「オアイソ」にイライラしなくて済んだのに。「オアイソ」ってなんだろう???っていうこの好奇心のおかげで毎回毎回こいつらみんな死んじまえって思わなちゃいけなくなってしまった。

中学の時の国語の先生が曖昧な知識は使い物になりませんと口を酸っぱくして言っていたが、毎度毎度世の中を恨むような知識は欲しくなかった。せ生きやすくしたいし、他人をや世の中に呪いをかけるような気持ちなんてあるだけ、そのぶん疲れるだけだ。

 

だからいろんなことを知ることやわかることなんてこの体には合わないから本当はいらない。自分のことを自分で繊細というのは変だけど違う。わたしの心と脳みそはきっと少し、いやだいぶ違う素材でできている。こころと体を切り離して言うから誤解しないで欲しい。わたしにナルシシズムなんて似合わん。わたしは自分の心臓の近くにある心のことを繊細だと思う。

この繊細さをまもるために暴言を吐いて取り繕わなきゃいけなかったりする。

オアイソのことも、みんなが自分のことを藻屑だと思って生きていることも知ったらつらい。

「どうして藻屑たちは自分のことを藻屑だと思っているのか?」

「わたしには理解できない。」

「でも運と考えればわからないことなんてないはず。」

「理解なんてわかった気になっているだけだから、せめてその上を愛情や温かい気持ちで塗りつぶしてあげたい。」

「でも藻屑たちには愛せいる余白すらない。」

「見ず知らずの人のことなんか愛さなくていいとみんなは言うんだろう。自分でも少しそう思う。」

「わかる、わかっているはずなのにできない。あいつらのことをどうでもいいと枠の外へ囲み直してやればいいのに。」

「それができればいいのに。」

「どうしてできないんだろう。」

「繊細さがいつも邪魔をするね。どうしたら捨てられるのか、とても知りたい。本当に知りたい。強くなれる薬があれば毎日飲みたい。幸せになんかならなくてもいい。強くなりたい。強い心で何も気にならないように人にだけ暖かくいられたらいいのに。」

 

いつも自分の中の大勢と会話をする。

繊細さと知識はうまくいかない。

 

人は皆宇宙の藻屑であり、自分というオリジナルであることの個性の中で精一杯でいなきゃいけない。精一杯さをセーブしながらやる精一杯だってある。みんな自分と人のことをちょうどいいバランスで考えなきゃいけない。あなたは藻屑でもほかの藻屑のことを傷つける可能性があって、それは度々最悪の事態になりうることだってあるのさ。火花から大火事になることだって、世の中にはあるのでしょう?ちょっとしたことで恋人と別れの挨拶をしなくてはいけないことだってあるんだ。

 

人に傷つく権利はないし、人を傷つける権利もない。両方ともあってはいけない。もちろん全ての人がその権利を好きなときに使うことはできないかもしれないけど、謙虚に。その権利を振りかざしてはいけない。

権威が大好きなみんなに注ぐ。愛せないよ。

 

 

30日目くらい?「めらめらめらんこり」

いやーお盆に三日間実家に帰っただけでひとりが寂しくなっています...

消えそうです...もうだめだ...と、思ってビールを飲んどきます。

 

そうそうこうやって世の中に寂しいと言い放つと何事もなかったかのような気持ちになります。ベッドに入って部屋を暗くすればまた違うかもしれないけれど、自分のことは自分でどうしたらいいかそれくらいはなんとなーくわかる。ただそれを自分でできるかっていうのが問題だし、それすらもできないことが多い。他人にそうしてもらおうとは思わないけどもう手に負えない、どうしても、もう無理だって時は真正面から頼むようにする。状況を説明しちゃう、お願い!って。

寂しいと言った手前、誰かに電話したりするようなことは恥ずかしくてもうできないので自分で自分の首を絞めているようななんというか戒めと言うかなんというか...

 

うんでももう大丈夫かな。いいなと思ったマフラーが作れそうに思ったのでかぎ針編みを始めましたし。

編み物できる人は教えてください。集中力はアカチャンホンポ、でもたのしい。おんなじ作業を繰り返すとそのぶん成果物が生まれる感じ。自分で何かを作るのはほんとうにたのしい。写真や文章は溜まりに溜まったものをふんばってふんばって踏ん張りまくっても、コロンと小さなうさぎのうんこしか生まれない。そして写真も文章も褒められているから最高のものはつくれない気がする。だからどんどん新しいことをしたいと思う今日この頃。化粧をすれば

あれ、なんか顔赤くない?今日ははりきってるね!デート?と言われちゃったりしまくるから、いやあ難しいもんですね。そういうこと言われるの恥ずかしいというか、消えてしまいたくなるからさ、言わないでっていうんじゃなくてどうしたら消えたくなる気持ちが消えるのかなって難しい。

父方の死んだじいちゃんの墓を洗いに行ったけど、なんだか母方のほうの大きいお墓へ行きたい気持ちが最近ずっとありまして。大きくなってからというか、行ったことはあると思うんだけど、記憶にない。いやもしかしたら行ったことないのかも。

でもその大きなお墓が多磨霊園と自宅から21分くらいのところにあるので明後日行こうと思う。明日行きたかったけどバイトだった。先代の墓に行きたい気持ちをバイトでどうにかしてしまうのもおかしい話だとは思うのだけれどなんとなく予定には動かされてみたいから、明後日まで待ってみる。だから明日は頑張る。

 

 

 

それでプロレスの夏の大きな大会も終わりまして、明日は誰がどんだけいい試合をするかってソワソワしなくて良くなったので気持ちは落ち着きましたが、落ち着いちゃったのでこれもまた寂しいの原因です。安心とそわそわした刺激的な気持ちをシーソーにかけると、どうしてもどちらかに傾いてしまうらしい。これは最近わかったことかもしれない。新しい気付き。ポジティブすぎて嫌気が差す!

 

一人で眠るのもなんとなくモヤモヤする原因の一つなのかも。こんなに暑いし、わたしの寝相はバカ悪いのでベッドは狭いしなんかもうわけわかんねえな、布団に戻そうかな。実家では合計四時間の後、0時には床につきクソのごとく眠ったのですけれどきっと安心というのは他人から与えられるものなのですね、みんないつもありがとう。

 

今日はなんだかよくわからないまま、8時間のアルバイトを一瞬のごとく過ごしてきたので、この気持ちのまま家でさらっとなんかやるか映画みに行くってのもいいな〜などと思ってたのですがちょーっと家に帰ってみただけでもう気持ちが無くなっていましてね。心ここに在らずというより、気持ちが薄くなって空っぽみたいな感じになってしまって何もせずに気がつけば今。こんな時間でございやす。

 

とにかくなんとなーく元気になんとなーくふわっと、なんとなーくなんとなーくでやって行きたいです。いろいろわけわかんないけど、鎌倉みたいな伊豆みたいなところ行きたいし、たかおくんとドライブしたいし、健康でいたいし、毎日死んでるからちゃんと生き返りたいです。

明日は朝から京橋の新しいバイト先へ。夕方からは近所のカフェで夜までバイトして眠ろう。

 

最近の悩みはわたしの頭の中がもう本当にドラマチックで、エロで、ロマンチックがすぎるのに、写真や文章にそれが出ないことです。

わたしはドラマでもエロでもロマンスでもないのかな。

わたしのことをわかってくれる人に頭の中を毎日褒めてもらいたい。ちゃちできっちゅで色とりどりで様々な肌触りのノーミソをみてほしい。

 

わたしがブスでも、人はそこをみてくれるかなと、あることないことを考えてみる。

 

f:id:echp:20180816000246j:plain

25日目くらい「おにぎりフライデーお弁当マンデー。糞。」

あー、世界の主人公になりたい。くっそむかつくな。

よし、世の中に対して駄々こねられるようになった。

 

しょうがない。人は人。と、諦めない自分きたぞ。思春期を取りもどせ。

 

そう簡単に大人になんかなれないってわかっとる。ゴミ食ってゴミ吐いて死んどくわ。

 

f:id:echp:20180810233753j:image

 

皮膚の中がかゆい。吐きそうなのは気分が悪くてバスに乗ってるからかな。

 

ロープウェイ乗りたいわ。ちんこ。