読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

blog

むらたえりこです。

チョウチョ売りの季節、塩の涙はがれる。5.5

若葉の色を反射させて空の色が淡く美しい 

すこーーーしだけ緑がかかっていて、遠くに行くにつれてオレンジをふくみ、白に変わる

ピンクと橙の雲が底にたまる。

  

今いる人とどれくらいまだ一緒に居られるだろうか。

わたしは時間を止めて、少しずつ、それだけ動かしていくことにする。

 

ここにある形をそのまま。

 

あせることなんて何も

髪を切った。

結んでも首筋に当たる髪が邪魔で、自分のものじゃないみたいな感じだったけど切ってもらった、床に落ちた髪はなんだかわたしの分身みたいな感じがして、お前も今日から頑張れよって気持ちになったのでそう声をかけた。

さっきまで自分にくっついていた髪と別々の人生を歩むのかぁ〜。感慨深い。

 

でも髪を切って、今自分にくっついてるのはツルツルでどこまでもサラサラしている肩くらいまでの髪だ。これもまた自分のものとは思えない。

ああやっぱり切らなきゃよかったなって思うことも切って大正解だって思うこともないしまあどっちでもいい。髪は伸びる。これでいい。

 

思いというのは一方通行でもいいのだけど、両方向から送りあっていけたらそれほどいいことはないのかなと思う。

 

どこにもおさまりきらないような箱にすっぽりと収まりたい。

ロマンチックでいたい。

 

どこかへ連れ出してくれるような人が好きだ。

 

上尾からどこかへいくのは久しぶりだななんだかいいな。

遠くまで行く電車は、私の目的地が遠くでなくてもワクワクするな、あはは!

 

 

 

アオザイって炒めたらおいしそう 5.3

会うための約束をしに、その人に会いに行きたい。

 

f:id:echp:20170503202848j:image

 

出版社バイト先の書庫で古い本を探していたら、体が痒くなった。

 

カッフェバイトで石島さんとホーチミン師を歌ってたら、金子さんが「アオザイ持ってこよっか、アオザイ。」と早口でボケるので爆笑した。

 

昨日は銀河鉄道の夜を見た。

小さいとき、夜眠る前におかあさんが読んでくれた時の頭の中の映像の方がもちろんすごかったんだけど、久しぶりに見たらやっぱりよかった。

最近は映画を見るって言ってついついアニメ映画ばっかり見ちゃう。

 

あ、そうだ。

ハイキューの新しいの出てるらしいや。帰りに買って寝る前に読もう。