blog

むらたえりこです。

ミルクレープ

 

新橋から銀座線に乗るアルバイトの帰り道。

 

少しだけくたびれた体を座らせて座らせて、携帯をいじる。

ふと目線を上げてみると視界がクリアーでハッとする。

電車でビールを飲んでいるお兄さんを見て、前仲良くしてくれたバイトのお兄さんのことを思い出す。

よく駅で会い、それから途中まで一緒に帰っていた。

彼はだいたいいつもビールを持っていて、350mlの時もあったし、ロング缶の時もあった。

仕事もスマートでたのしくてやさしいお兄さんだった。

 

今までいろんな人と銀座線に乗り、同じ道を帰った。

同じお店のお姉さんとか、同じお店の同い年の男の子(後で口を聞いてくれなくなった)、一悶着あった男の子もそうだ。

 

なんだか、そんなことを思い出して、懐かしくなんだかさっぱりと爽やかな気持ちになった。

 

思い出とか思い入れというのは、そのひとつひとつがしっとりと層になって、ふんわりと重なっていくものなのだと思った。

そのふわふわのミルクレープの先っちょにフォークをあてて、ゆっくりと力を加えて行く。

フォークが一層一層生地とクリームの間を通過して行く感触が体に伝わってきて、わたしの心はちいさく震える。

気持ちが良くて。

小さい三角形をきりとって口に入れる。

手間をかけて重なっていった思い出の味がする。

うーん、おいしい。

 

 

 

ミルクレープで思い出したけど、同居人のはなちゃんはミルクレープの層を一枚一枚はがして食べるそうな。

…それって焼き鳥串から外して食べる人と一緒じゃない…?

 

 

 

アハハ!

おもしろいね。