忘れるな

 

あれからもう2年が経ち、それとはまた別にいろんなことから1年が経つ。

少し伸びた夕日が滝のように体に降り注いでくる。焼かれた目を細めればあの時の顔が思い浮かび、電車は新しい場所に向かう。

止まらないのはわたしの体だけだ。

思い出は、年表みたいにそれぞれの場所にぜんぶ置いてきた。

 

いつだってエモーショナルになれ。あの時の気持ちを忘れてはいけない。

昇華も、消化も絶対にできない。

二度とかけない電話を待て。受話器を離すな。

 

死ぬな。死ぬな。殺されるな。

 

絶対に、絶対にだ。