感情線、涙のダム

いかんいかん、感情線が大爆発してる。突然流れてくる山崎まさよしに泣かされてる。星が落ちそうな夜には自分はいつわれないとゆうてはります。なんで音楽はいつも正しいのだろうか。

 

最悪なことを想像して涙をダムにためる。そんなに簡単に涙は外に出しちゃいけない。自分のことで涙を見せるのなんて押し付けがましい。

 

最悪なこと、無くなってしまうこと、忘れてしまうこと、いくら会いたいと願っても会えなくなってしまう人がいること。こんなことばかり頭の中を駆け回り蝕んで行く。帰ることのできない街が増え、会えない人が増え、できないことも増える。できてしまうことが増える。

全然大人じゃない。

 

歳なんて、数字なんて何でもない。生きて来た分厚さが全てだ。

 

たのしみにしていた行事が終わった。

いつ行くかわからないけど必ず行くだろう場所に想いを馳せる。これは保険だけど。

帰る場所を増やして行く。男じゃないからネ。それくらいは許容したい。

 

大切にしたいことだけを、どうにか。