blog

むらたえりこです。

君に馴れ初めを話すように 9.16

さみしいとか、それに似た感情が湧き上がらない人になりたいな。 さみしいのは嫌だ!って暴走してる人を見て寂しくなってしまった。 でもさみしいのを知らないのもさみしいよねそんな人にはなりたくないというか、なれそうにない。 さみしいのが嫌だからと言…

ここにはだれもね 9.12

‪プチ整形で、女友達のいない、センスのないただ露出度の高い格好の女に言われる「若くてかわいい女の子だから〜」がこの世でいちばん気色悪い。 このわたしのどこがかわいいのか説明してほしい。説明してほしいというかお前の感性を持って何をかわいいと思…

違うんだ 9.10

高校生の時に読んで以来読んでいなかった好きな漫画を読んだ。 鎌倉でサーフィンやってる子が小笠原に行っちゃうの。 あの人がこの人を好きだったり、あっちの人がこっちの人を好きだったり。 朝から晩まで働いたらナーバスになっちゃって苦しい。 泣いて甘…

秋のはじまり 9.9

秋の夜風は本当にいろんな気持ちにさせてくれるし、いろんな気持ちをさらりと吹いてくれる。秋に生まれた人って秋みたいね。 知らない方がいいことってそんなことはきっとこの世にはないんだろうけど、知らないってことは本当に美しい。これから知らないもの…

仕事恋愛酒お金 9.4

恋愛のことばかりで申し訳ないけど今日も恋愛の話からスタート。 駅の改札前で別れを惜しむ大人の男女。2人とも仕事終わりに飲んだりしたのかな。それはもうこの世の終わりみたいにチューをして繋いでいた手を、その感触を最後にもう一度だけ確かめるみたい…

町であなたに出会ったら 8.31

男の人って一貫していたいんだろうなあと思う。 好きな人の前で社会性なんかいらない。社会性をふにゃふにゃに曖昧に、ギリギリのところをふわふわと漂っていたい。 こうしたい、こうしてあげたいと言うこと以外に理由はいらない。 最近は朝ごはんも食べずに…

すっぽんぽん 8.29

いろんな人の言葉をきいて、大事に持って帰って何度も何度も噛みしめてみる。 噛めば噛むほど味が出るとはこのこと。好きな人たちの言葉はいつもおいしい。 人と何かを熱く語らったり、想いを伝えることを無意識に避けていたのかもしれない。自分の大好きな…

つよく、やわらかく。 8.27

おおよそ間違っている、という様なことと恥ずかしいことを何度も何度もズブズブと繰り返して恋愛が出来上がる。 夜が気持ちよくて泣きそうになる。 毎日が夜にはぼかされている。 そこにあることを愛するのも大事だけど"それがそこにあったから"ということに…

わたし、アツい女なの。 8.26

いろいろなことが気にならなければ良いのになあと、ベッドからずり落ちたマットレスをまっすぐに直す。 今日はたのしかった〜よかった〜 池袋の好きな古本屋さんで漫画と本を買って、おじいちゃんのお店で定食を食べて、三省堂でかわいいものをたくさんみて…

夏のくも 8.24

‪梅雨みたいな日が続き、洗濯物もうまく干せなかったけど、最近はやっと気温は夏らしくなって来た。うーんでも何かひとつもの足りない。 そうだ、もっとこうバシーーーッ!っともっくもくの雲が空に出ていたりすれば良いのに。 おととい行ったプールがたのし…

000 8.21

これから進むことについて話していたい。 過去の栄光をいつまでも口に出さない。 恋愛の醍醐味は惚気だと言われるし、そんなことはないと反対すると、それは本当の好きじゃないんだよ!と返される。 人が人のことを好きだという気持ちが他人にわかると思うの…

今日は今日のことを 8.17

朝起きてよくなった体調を大切に抱え、朝ごはんにタマゴ粥を作る。だいぶ前から切れていた塩がまだないことに気がつく。 明日か今日の夜に買おう。 最近料理をしなくなって寂しい。料理は継続とお皿が何よりも大事だと思っている。明日合羽橋に素敵なお皿を…

ねこちゃんにゃんにゃん 8.14

色々なことを諦めて、というか捨てて変えなくてはいけない環境や場所、それから気持ちがある。 お金、時間、人間関係、それ以外のこと全部を諦めてわたしは今の気持ちをどうにかしなくてはいけない。 ここ何日か、八月が始まってからずっと機嫌が悪い。いや…

わたしのもの、あなたのこと 8.12

上尾に帰ることは別に特別じゃないんだけど、夜遅くに池袋なんかを通って、その時ボックス席に座ってたりするとなお。なんだか特別な気分になる。好きな人に会う時にちょっと似てる。ちょっとだけだけどね。 誰かの好きなものって共有するもので、自分のもの…

ゼントーヨー 8.9

好きとか嫌いでもないし、やりたいとかやりたくないとかじゃない。やってみなきゃわかんないことはいっぱいある。 もうダメだと思ってるよ。 明日、会いたい人が目の前に現れたら大丈夫なふりをしてオイオイ泣きたい。 まだ大丈夫なのにと言うと思う。 昨日…

今日のことpart① 8.8

こんばんは 今日は『ただいまー!あのねーこういうことがあってねー!』という気持ちなのでそういう感じにします。 寝起きがすっごく悪くて、軟体動物になりそうだったのね。気圧のせいかと思ったんだけど、台風もどっか行っちゃったみたいでそんなことはな…

どうしたってね 8.5

悲劇のヒロインになりきれたらな、と。 そうすれば写真も文章もみんなが興味を持ってくれるのになって言う確信が、確信のくせに向こうの方でふんわりとしてる。 今日は漫画を買った。面白かった。続きが気になったのでいろんなこと、がんばれちゃう。 うれし…

そうだそうじゃないって話 8.3

なんだか今日は朝からずっと帰りたいなと思っていてそれがずっと続いて消えない。 街で見かけた些細な出来事が気に食わなかったりしてそれも消えなかった。 そういう時に気持ちを落ち着かせる方法がなんとなくわかっていて、それをやってみて少し落ち着いた…

そこにからだがひとつあって 7.31

明日から8月だ。 速度制限から解放されるなーとか。いやいやそんなの解放されても特にどうってことないよね 出先で調べたいこと がささっとでてこないのはナイスじゃないけど 不自由なくらいがちょうどいい気がする。 何事も。なんとなーくそんな気がする。 …

本の海、言葉の船 7.27

日記のタイトルに日付をつけるときいつまでも7月とすんなり打てない。 必ず4とキーボードを触って、ああ違う違うとなって三つ先の島の7を押す。 もう読みきれないなと思う本を本棚から出してリビングに置いた。気が向いたのでその中から一冊を手に取り、「最…

女ってサイコー 7.25

駅のホームで突然思った。 バッチリメイクはしないけど唇と頬にちょんと色をのせるのとか、誰かを待つのに。女の子でよかった! 女の人になったら女の人ってサイコーだなって思うんだろうし、おばあちゃんになったらおばあちゃんサイコーだなって言いたい。 …

浴衣 7.22

別にぃーーーって感じだなあ 7月も終わりに近づいてきた土日浴衣の女の子が多いね 隣はちょいダサ私服の男の子。 こんなんばっかりだ。 浴衣を着て出かけることに羨ましい気持ちとかは案外生まれなくて、脱いだ時のあの快感ばかりを想像してしまうよ。 浴衣…

22 7.22

昨日のバイト中お客さんとしゃべっていて 「22歳か〜〜〜いっぱいいろんな人と付き合ったり遊んだりしなよ〜〜〜アソびまくってね」言われる。 みんな、決まりごとのように「若いうちに遊びきれ」だの「結婚する前に遊んでおけ」だなんて言う。果たして本当…

”アイスクリームカフェラテ”の正体 7.21

出先で一人で食べるご飯を最後まで美味しく食べられない。 最初の3口くらいは美味しい。そのあとはどんどんわからなくなってきて、最後の3口。これが地獄だ。「もういらない…もういらない…」と泣きそうになりながら食べる。この時はもはや"食べる"ではなく"…

タイムトラベル 7.20

京王線から都営新宿線市ヶ谷へ。南北線に乗り換える時"江戸散歩コーナー"というのを見つけた。 石垣があってかっこよかった。 突然現れた小さな博物館のような空間にときめいてからしびれた。 地下鉄は外が見えないから好きじゃないんだけど途中にこういう粋…

夜は気持ちいいからひと駅歩いちゃおうね 7.19

新しいことや新しい気持ちは震えるほどたのしい たまらなく人にあっていたくなる時がある。 だけどわたしには写真がある。 今日できたばかり。出来たてはホヤホヤだ。 なんとなあく気持ちの端で会いたいなと思ってた子に偶然会った。 近いのだ どこでも近い…

狭い世界のそのまた 7.17

居酒屋のバイトで楽しいのは年の入った夫婦かカップルがこっそりと申し訳なさそうに手を繋いだり体をくっつけているのを見ることだなあとおもった。 疲れって"こぶ"みたいなもんだ ちょっと疲れてウーとなっていたから終電まで散歩をして電話なんかしたら、…

ちょっとおもしろかったんだよ、ほんとちょっと 7.16

夜の銀座をひたひたと歩いている かっこよく削られたビルを見ているとこれから日が登って朝になるなんて想像ができない。 気がついたら建物が午前中仕様の明るい色にくるっと裏返っているんじゃないかなって思う。 今1人じゃなかったら静かな街をずんずん歩…

ファックミー・エブリシング 7.16

優作のブログを読んだら元気が出た。 いつも何かを思い出させてくれる友達っていうか、なんて言うかなあ! 幼馴染じゃないんだけど、なんだかそう言う感じだ。 生活というか今目の前にある日々は、忘れて、思い出して、また忘れて..の繰り返しだなと思った。…

君はどうだい? 7.12

自分が、こうだと信じて疑わないことがあったんだけど 「もしそうじゃなかったらどうするの?」 と、言われて驚愕した。 そうじゃなかったことなんて考えていなかったし、考えられなかった。 その言葉を聞いてから不安がちょろちょろとどこかから流れてくる…