blog

むらたえりこです。

”アイスクリームカフェラテ”の正体 7.21

出先で一人で食べるご飯を最後まで美味しく食べられない。 最初の3口くらいは美味しい。そのあとはどんどんわからなくなってきて、最後の3口。これが地獄だ。「もういらない…もういらない…」と泣きそうになりながら食べる。この時はもはや"食べる"ではなく"…

タイムトラベル 7.20

京王線から都営新宿線市ヶ谷へ。南北線に乗り換える時"江戸散歩コーナー"というのを見つけた。 石垣があってかっこよかった。 突然現れた小さな博物館のような空間にときめいてからしびれた。 地下鉄は外が見えないから好きじゃないんだけど途中にこういう粋…

夜は気持ちいいからひと駅歩いちゃおうね 7.19

新しいことや新しい気持ちは震えるほどたのしい たまらなく人にあっていたくなる時がある。 だけどわたしには写真がある。 今日できたばかり。出来たてはホヤホヤだ。 なんとなあく気持ちの端で会いたいなと思ってた子に偶然会った。 近いのだ どこでも近い…

狭い世界のそのまた 7.17

居酒屋のバイトで楽しいのは年の入った夫婦かカップルがこっそりと申し訳なさそうに手を繋いだり体をくっつけているのを見ることだなあとおもった。 疲れって"こぶ"みたいなもんだ ちょっと疲れてウーとなっていたから終電まで散歩をして電話なんかしたら、…

ちょっとおもしろかったんだよ、ほんとちょっと 7.16

夜の銀座をひたひたと歩いている かっこよく削られたビルを見ているとこれから日が登って朝になるなんて想像ができない。 気がついたら建物が午前中仕様の明るい色にくるっと裏返っているんじゃないかなって思う。 今1人じゃなかったら静かな街をずんずん歩…

ファックミー・エブリシング 7.16

優作のブログを読んだら元気が出た。 いつも何かを思い出させてくれる友達っていうか、なんて言うかなあ! 幼馴染じゃないんだけど、なんだかそう言う感じだ。 生活というか今目の前にある日々は、忘れて、思い出して、また忘れて..の繰り返しだなと思った。…

君はどうだい? 7.12

自分が、こうだと信じて疑わないことがあったんだけど 「もしそうじゃなかったらどうするの?」 と、言われて驚愕した。 そうじゃなかったことなんて考えていなかったし、考えられなかった。 その言葉を聞いてから不安がちょろちょろとどこかから流れてくる…

ぶつかりたくない 7.11

人に対して素直な気持ちを持っていることは案外勇気がいることだったね。 そうだったね。 思い出した。また忘れてた。 人と一緒にいたいうううってなってる時に誰かを利用したくない。 気持ちを添えておける場所がない。全くないとと言えば嘘にはなるけど。 …

君にコーヒーをいれてあげたーい! 7.9

何かひとつ、物語が終わったような気分になっていました最近。 おばあちゃんになったらどういう家に住んでるのかなあ 自分で作ったカレーをひとりで食べてるけどすごく惨めだしなんだか全然美味しくない。 明日のゴミで捨てようと思った 今日古本屋さんに行…

心の底から 7.5

わたし、灰皿洗うスポンジと食器洗うスポンジは使い分けられるタイプですよ。 朝起きたらカレーを作ろう。そうしようそうしよう。 洗い物もしたし、お米を炊いてから寝ようね。 夜中、寝る前にお母さんが洗い物をしてて、妹がテレビ見てて、お兄ちゃんがおや…

アイライン 7.3

暑い でもなぜか調子がいい。 案外夏にすかれているのかもしれないね。 年々夏が好きになっていく気がしている。 こうやってまた何かをふんわりとなんとなく、そしてずっと好きでいたい。 音楽を聴いているだけで空を飛び終わったみたいな気分になる。 でも…

湘南新宿ライン 6.30

住み慣れた街は嗅ぎ慣れたにおいがするねって今日はそれだけよ。

夜を夜にする 6.28

なにが悪いのかなんてわからないわよね。 なにもつらくないのに、全部が耐えられなくなってしまってベソかきながらバイト先を飛び出してしまった。 朝もちゃんと起きられて朝ご飯も食べたし、満員電車が辛いとかそういうこともあまりない。 どーしてかパソコ…

サワラ 6.27

バイトを休んで14時まで眠った。 夢を見た。 子猫が出てきた。 最近ふるわないなと思ったらさみしいみたいだった。 さみしいって感覚を忘れている。 くだらないなと思ったので自分にツッコミを入れた 「わかった!さみしいんだ!…つまんないかよ笑!!!!」…

夢ののこり 6.25

ひとりでもしっかりした態度の人に憧れる。 わたしもひとりで強くなりたかった 、と思ったけどそんなことないか…。 むしろ人といるときの方がヘラヘラしてしまったりあまえてしまったりするんだろうなあ。 なんとも言えませんでしたね。 ひとりで強くもいた…

ペペロンチーノ 6.22

女の子の「わたしあんたに触らせてあげてんのよ」みたいな態度が苦手だ。 だからわたしは、わたしが男の子を触りたい。 沖縄なんか地域色の強いところにいるとそれだけで何かしているような気持ちになる。 だからこっち(トーキョー)に帰ってきてそこらへんを…

濡れた髪で 6.21

大して広くない東京の空を、それも雨の空を広いと思うのはどうしてだろうね。 じっくりと浸る旅は底なしにこわかった。 自分を連れて帰れないような気がして落ち着かなかった。 たのしく話を聞いてくれる人が本当の聞き上手だった。 大好きだ。 ここへ流れ、…

まだまだ、まだ。 6.19

いつまでいるの? 20までいるよ。 来るたび来るたび同じような会話を何度も何度もしているけど、いつになってもそれはもう帰る日がこないんじゃないかと思うくらい遠くのことに感じるし、明日帰るとなればあっという間だったなあと、何か決まりごとのように…

〜ヒコーキから〜 6.15

わたしとの会話の流れで婚約を決めた友達のことを思い出して涙が出そうになった 「愛が溜まってたのねわたしたちきっと。」 「さみしいって言ってるんだったらさみしくないとこまで連れて行ってあげたらいいんじゃないかな。あの人意外とそういうことになっ…

応急処置 6.11

ネットで買い物をしたら番地を間違えた。実家のを書いていて届く日が2日ずれたけど別になにも支障はない。配達業者さんは大変だと聞く。 1回目の配達で荷物を受け取れたことがほとんどない。 ごめんなさい。 今日はシャッフルできいてる音楽、心なしかラブソ…

パスタ 6.4

人のことを好きじゃなくなる理由ってもうあまりないのかもしれないね。 誰かを嫌いな理由って年をとるにつれて単純になってくね。 うるさいからとか、趣味が違うとか、合わないとか。簡単だ。 昔はもっといろーんなことで人を嫌いだった気がするけど。 わた…

好きなものはこのように 6.2

柔らかい会話をしたい 『愛おしい生活はなにかの罪滅ぼしなのかもしれない。』 ああ、、、もう働きたくない、、、 働きたくないというか、何もしたくないし、なにもできない。 どうしたら今の気持ちがおさまるのかよくわからない。 そういう時は何かに乗っ取…

動悸・息切れ・生活に 5.29

欲しい写真集も、欲しい洋服もお金があるから手に入れるとか、それはやっぱり違うなって思う。何を大切にしたいのか、じっくりと考える。私たちにしかわからない言葉で、共通言語でしゃべっていたい。もっとどんどん知りたくなって近づきすぎてしまう。なん…

あめあめ 5.26

雨が上がった。 電車から見える自分の好きな街のことを思い出すと耳のてっぺんの当たりがしゅわしゅわする。 黒くしめったアスファルトの地面やしっとりと濡れた葉や花。 あー 最高だ。 毎日こうやって何かに感動してなんとかやり過ごしてる。 自分の好きな…

正解とは、、 5.25

写真に関してはそこに写っているものがそれで全てだし、その写真の中の世界が全ての正解だと思う。 写真はその浅い歴史をなぞりながら、今の時代にある写真が見られればおもしろさ倍増って感じなんだから、意味とか"ふぁいんあーと?"的な目線はちょっとまた…

ビリケンに靴下履いてごめんなさい 5.22

6月のシフトを催促され、来月はちょっと頑張ることにする。 6月が終わって、7月が来て、8月9月。夏が終わったら今度はどうなってるかな。 人との距離のとりかたって本当に色々やり方があっていつも驚かされるから、 来年の4月、引っ越すよなあとか、いや、も…

日々のペラペラ 5.19

書こう書こうって、書きたいって思う時はどうしてもこうグッと構えて、真面目に向き合いたくなっちゃうけど、ちょっとさみしいとか、煮え切らないなあとか、気持ち的に悶々としている時だから大したことないのよ。 毎日やっぱりたのしくやっています。 終電…

まぼろしについて 5.18

なにか、どうしてかわからない泣きたくなるような気持ちになるのはどうしてだろうね。 理由も少し分かってるんだけど、なんでか、なんとなーくわからない。。 自分の気持ちがほんと遠くにぶっ飛んで行ってしまいそうでさみしい。 さみしいという気持ちをどう…

18:36 5.17

視界に青色がしっかりと乗っかる、こういう、夜にほとんど足を突っ込んだ夕方。 目が霞んでるのかと思う。 前髪を分けてみたり、目をしばたいてみたり。 何も変わらないから、少しおかしな体調のせいにする。 ひとつだけ忘れたくないと思ったことも忘れてし…

まぼろしにあいに 5.14

まぎれもないまぼろしに会いに行く。 「ちょっといけないことしてる」くらいの気持ちが必要なのかも。 安心を探しに行く。 次は絶対。

大人の魔法 5.8

駅を歩いてる半袖シャツの女子高生を見かけて、自分の衣替えのはやさを思い出した。 他の女の子はまだ長袖のセーターなのにいち早くベストを着て、他の子がベストを着はじめたとおもったらベストを脱ぎ、長袖シャツの腕をシャシャっとめくり、それから何日か…

映画 5.7

映画を見たいなと思ってfilmarksを開いた。 映画を見たい気持ちとfilmarksは違った。 河瀬直美の映画がyoutubeに上がっていたのを思い出して、もがりの森を見る。 途中で雷が鳴った。 映画を止めて洗濯物をしまった。 寝袋にすっかりからだをおさめて映画を…

チョウチョ売りの季節、塩の涙はがれる。5.5

若葉の色を反射させて空の色が淡く美しい すこーーーしだけ緑がかかっていて、遠くに行くにつれてオレンジをふくみ、白に変わる ピンクと橙の雲が底にたまる。 今いる人とどれくらいまだ一緒に居られるだろうか。 わたしは時間を止めて、少しずつ、それだけ…

あせることなんて何も

髪を切った。 結んでも首筋に当たる髪が邪魔で、自分のものじゃないみたいな感じだったけど切ってもらった、床に落ちた髪はなんだかわたしの分身みたいな感じがして、お前も今日から頑張れよって気持ちになったのでそう声をかけた。 さっきまで自分にくっつ…

アオザイって炒めたらおいしそう 5.3

会うための約束をしに、その人に会いに行きたい。 出版社バイト先の書庫で古い本を探していたら、体が痒くなった。 カッフェバイトで石島さんとホーチミン師を歌ってたら、金子さんが「アオザイ持ってこよっか、アオザイ。」と早口でボケるので爆笑した。 昨…

場所空気人モノ 5.2

写真がやりたい理由ができた気がする 今まではなんとなーくのモヤモヤであったけど。 でも大事な決断は生理前の夜になんかしちゃダメ。生理前かは知らんけど、そういうことにしておく。 "生理前"って魔法のことばだよって友達が言ってた。 いやあどうだか…!

パー 5.1

雨上がりってほんとセクシー。 というかえっちな気持ちにならざるを得ない。 雨の降り始めに詰まった胸が雨上がりの陽ざしで、雨も胸のつまりもユウウツな気持ちも全部嘘だったみたいになる。 写真を現像に出して、いつものカフェでその間昼ご飯を食べて今日…

4.30

ここは都会でわたしも都会の人だ。 埼玉で育ったけど。埼玉って都会なのね、困っちゃう。 都会だけど星が遠くで瞬いてる。 今年の夏は星が見たい。夜の海の音がききたい。 それとあとやっぱり写真がやりたい。 もう少しだけ、頑張って見ようと思う 昨日から…

ごめんなさいね。 4.30

消えちゃってた。 昨日はひょんなことから気持ちに刺さる出来事とかがあって。 決定的な一撃ではないんだけど、どうしても視界に入ってくるし無視できない。 そういうときにしあわせだったこととか、会いたい人の顔を思い浮かべて、なんとかやり過ごそうとす…

ラブヒットバカンス 4.27

たのしいとかすてきだとかしあわせだとかあたたかい気持ちでで処理落ちしそう このままどこにもつかなきゃいいのにと千駄ヶ谷から新宿まで歩いてる時に思った。 追いかけっこするみたいに。 こちらが近くので新宿もじわじわと進んでください。新宿に向かって…

ピンクの、愛のオーラ 4.24

今日は朝起きたら水道の工事で水が出なかった。 麦茶で歯磨きした。 明日、みきちゃんが沖縄に帰るので最後に下北に行って、北口でカレーを食べた。 いつもこんなにうるさいのかとびっくりするくらい、はしゃいでしまう。そして、小さい店内にはその声が響く…

きみとアイスコーヒー。 4.23

春がすてきで、すてきな友達が一気にできたり、そういうことを言える人が、聞いてくれる人がいたりする。 嬉しいことが一気に起こったので、大きな塊をバラしてひとつひとつの形を舌で目でなぞり、それからじわりと噛み締めていくのがむずかしい。 すてきな…

今 4.21

いつになっても、ああ今が一番すてきで、最高なんだって思って疑わない気持ちがある。 ホント呆れるぜ! 運命もちゃーんと信じる。 やりたいことをやりたいようにできていることって、それ以上にすてきなことはないんだね。 写真があってよかった。文章や言…

トラベルプランナー 4.20

どこにもなかった気持ちを引っ張り出して、見なかったように聞こえなかったように。 懐かしい曲を聴いてセンチメンタルというかエモーショナルになった。 思ったことを表すことも、言葉にすることもどれくらいやったらいいかわかってきたような気がする。 た…

距離の話じゃないんだけどさ 4.19

編集のアルバイトのお姉さんから「最近なにが一番たのしい?」と聞かれた。 交換本の発送の作業していた手を止め考える。 「今は周りに友達がいるのがすごく嬉しいです。あと本が売れたこと。あと春なこと。」 と、答えるとそのお姉さんはすごく喜んでいたの…

ラブアンドコメディ 4.17

朝起きたら洗ってあった洗濯物を外に干す。 鳥が低く飛んでいるからきっと雨が降る。 家を出る前に中にいれよう。 髪を乾かして、ニベアを顔に塗って。 服の山からジーパンとベージュのコットンシャツを引っ張り、サッと袖を通す。 それに深いターコイズのス…

"渚にて" 4.15

‪好きな本を友達に貸して6年くらいたった。‬‪6年前なんて言えるくらい大人になったんだなと思うとうれしくて、少し悲しい。あの時の自分にはもう追いつけない気もする。 ‬ ‪そう、それでその本を新宿のブックオフで買い直した。‬‪6年前は本屋さんで新品で買…

ランチ 4.14

好きな人たちが自分の近くにいる時、それで嬉しくて、でもそれからみんな自分の場所に帰って行ったら自分はどうしよっかなと思う。 まあどうもしないし、自分が案外さっぱりしていることも知ってるんだけど、だからこそ「ああ!神様!どうかみんなを無事に帰…

移りゲ 4.11

ああ、なんだか、今いる場所が嫌だなというか、東京がすごい圧力でそこに居るということを実感した。 欲しいものをはじめ大体それはそこにあるから、だから何も大切にできないんじゃないのかな〜〜〜、なんて思ってみたりしたけど、その先にはオチも何もなか…

アクセサリーは水ものだから、 4.9

最近また、いろいろあって頭が忙しくなるかと思いきやスッキリしてしまい、ああこれって春なのかなあ、なーんて性懲りもなくぼうっとしている。 無くしたブレスレットをまた買い直そうと思ったけどおいしいキャラメルワッフルを買っただけで帰ってしまった。…