blog

むらたえりこです。

本の海、言葉の船 7.27

日記のタイトルに日付をつけるときいつまでも7月とすんなり打てない。 必ず4とキーボードを触って、ああ違う違うとなって三つ先の島の7を押す。 もう読みきれないなと思う本を本棚から出してリビングに置いた。気が向いたのでその中から一冊を手に取り、「最…

女ってサイコー 7.25

駅のホームで突然思った。 バッチリメイクはしないけど唇と頬にちょんと色をのせるのとか、誰かを待つのに。女の子でよかった! 女の人になったら女の人ってサイコーだなって思うんだろうし、おばあちゃんになったらおばあちゃんサイコーだなって言いたい。 …

浴衣 7.22

別にぃーーーって感じだなあ 7月も終わりに近づいてきた土日浴衣の女の子が多いね 隣はちょいダサ私服の男の子。 こんなんばっかりだ。 浴衣を着て出かけることに羨ましい気持ちとかは案外生まれなくて、脱いだ時のあの快感ばかりを想像してしまうよ。 浴衣…

22 7.22

昨日のバイト中お客さんとしゃべっていて 「22歳か〜〜〜いっぱいいろんな人と付き合ったり遊んだりしなよ〜〜〜アソびまくってね」言われる。 みんな、決まりごとのように「若いうちに遊びきれ」だの「結婚する前に遊んでおけ」だなんて言う。果たして本当…

”アイスクリームカフェラテ”の正体 7.21

出先で一人で食べるご飯を最後まで美味しく食べられない。 最初の3口くらいは美味しい。そのあとはどんどんわからなくなってきて、最後の3口。これが地獄だ。「もういらない…もういらない…」と泣きそうになりながら食べる。この時はもはや"食べる"ではなく"…

タイムトラベル 7.20

京王線から都営新宿線市ヶ谷へ。南北線に乗り換える時"江戸散歩コーナー"というのを見つけた。 石垣があってかっこよかった。 突然現れた小さな博物館のような空間にときめいてからしびれた。 地下鉄は外が見えないから好きじゃないんだけど途中にこういう粋…

夜は気持ちいいからひと駅歩いちゃおうね 7.19

新しいことや新しい気持ちは震えるほどたのしい たまらなく人にあっていたくなる時がある。 だけどわたしには写真がある。 今日できたばかり。出来たてはホヤホヤだ。 なんとなあく気持ちの端で会いたいなと思ってた子に偶然会った。 近いのだ どこでも近い…

狭い世界のそのまた 7.17

居酒屋のバイトで楽しいのは年の入った夫婦かカップルがこっそりと申し訳なさそうに手を繋いだり体をくっつけているのを見ることだなあとおもった。 疲れって"こぶ"みたいなもんだ ちょっと疲れてウーとなっていたから終電まで散歩をして電話なんかしたら、…

ちょっとおもしろかったんだよ、ほんとちょっと 7.16

夜の銀座をひたひたと歩いている かっこよく削られたビルを見ているとこれから日が登って朝になるなんて想像ができない。 気がついたら建物が午前中仕様の明るい色にくるっと裏返っているんじゃないかなって思う。 今1人じゃなかったら静かな街をずんずん歩…

ファックミー・エブリシング 7.16

優作のブログを読んだら元気が出た。 いつも何かを思い出させてくれる友達っていうか、なんて言うかなあ! 幼馴染じゃないんだけど、なんだかそう言う感じだ。 生活というか今目の前にある日々は、忘れて、思い出して、また忘れて..の繰り返しだなと思った。…

君はどうだい? 7.12

自分が、こうだと信じて疑わないことがあったんだけど 「もしそうじゃなかったらどうするの?」 と、言われて驚愕した。 そうじゃなかったことなんて考えていなかったし、考えられなかった。 その言葉を聞いてから不安がちょろちょろとどこかから流れてくる…

ぶつかりたくない 7.11

人に対して素直な気持ちを持っていることは案外勇気がいることだったね。 そうだったね。 思い出した。また忘れてた。 人と一緒にいたいうううってなってる時に誰かを利用したくない。 気持ちを添えておける場所がない。全くないとと言えば嘘にはなるけど。 …

君にコーヒーをいれてあげたーい! 7.9

何かひとつ、物語が終わったような気分になっていました最近。 おばあちゃんになったらどういう家に住んでるのかなあ 自分で作ったカレーをひとりで食べてるけどすごく惨めだしなんだか全然美味しくない。 明日のゴミで捨てようと思った 今日古本屋さんに行…

心の底から 7.5

わたし、灰皿洗うスポンジと食器洗うスポンジは使い分けられるタイプですよ。 朝起きたらカレーを作ろう。そうしようそうしよう。 洗い物もしたし、お米を炊いてから寝ようね。 夜中、寝る前にお母さんが洗い物をしてて、妹がテレビ見てて、お兄ちゃんがおや…

アイライン 7.3

暑い でもなぜか調子がいい。 案外夏にすかれているのかもしれないね。 年々夏が好きになっていく気がしている。 こうやってまた何かをふんわりとなんとなく、そしてずっと好きでいたい。 音楽を聴いているだけで空を飛び終わったみたいな気分になる。 でも…

湘南新宿ライン 6.30

住み慣れた街は嗅ぎ慣れたにおいがするねって今日はそれだけよ。

夜を夜にする 6.28

なにが悪いのかなんてわからないわよね。 なにもつらくないのに、全部が耐えられなくなってしまってベソかきながらバイト先を飛び出してしまった。 朝もちゃんと起きられて朝ご飯も食べたし、満員電車が辛いとかそういうこともあまりない。 どーしてかパソコ…

サワラ 6.27

バイトを休んで14時まで眠った。 夢を見た。 子猫が出てきた。 最近ふるわないなと思ったらさみしいみたいだった。 さみしいって感覚を忘れている。 くだらないなと思ったので自分にツッコミを入れた 「わかった!さみしいんだ!…つまんないかよ笑!!!!」…

夢ののこり 6.25

ひとりでもしっかりした態度の人に憧れる。 わたしもひとりで強くなりたかった 、と思ったけどそんなことないか…。 むしろ人といるときの方がヘラヘラしてしまったりあまえてしまったりするんだろうなあ。 なんとも言えませんでしたね。 ひとりで強くもいた…

ペペロンチーノ 6.22

女の子の「わたしあんたに触らせてあげてんのよ」みたいな態度が苦手だ。 だからわたしは、わたしが男の子を触りたい。 沖縄なんか地域色の強いところにいるとそれだけで何かしているような気持ちになる。 だからこっち(トーキョー)に帰ってきてそこらへんを…

濡れた髪で 6.21

大して広くない東京の空を、それも雨の空を広いと思うのはどうしてだろうね。 じっくりと浸る旅は底なしにこわかった。 自分を連れて帰れないような気がして落ち着かなかった。 たのしく話を聞いてくれる人が本当の聞き上手だった。 大好きだ。 ここへ流れ、…

まだまだ、まだ。 6.19

いつまでいるの? 20までいるよ。 来るたび来るたび同じような会話を何度も何度もしているけど、いつになってもそれはもう帰る日がこないんじゃないかと思うくらい遠くのことに感じるし、明日帰るとなればあっという間だったなあと、何か決まりごとのように…

〜ヒコーキから〜 6.15

わたしとの会話の流れで婚約を決めた友達のことを思い出して涙が出そうになった 「愛が溜まってたのねわたしたちきっと。」 「さみしいって言ってるんだったらさみしくないとこまで連れて行ってあげたらいいんじゃないかな。あの人意外とそういうことになっ…

応急処置 6.11

ネットで買い物をしたら番地を間違えた。実家のを書いていて届く日が2日ずれたけど別になにも支障はない。配達業者さんは大変だと聞く。 1回目の配達で荷物を受け取れたことがほとんどない。 ごめんなさい。 今日はシャッフルできいてる音楽、心なしかラブソ…

パスタ 6.4

人のことを好きじゃなくなる理由ってもうあまりないのかもしれないね。 誰かを嫌いな理由って年をとるにつれて単純になってくね。 うるさいからとか、趣味が違うとか、合わないとか。簡単だ。 昔はもっといろーんなことで人を嫌いだった気がするけど。 わた…

好きなものはこのように 6.2

柔らかい会話をしたい 『愛おしい生活はなにかの罪滅ぼしなのかもしれない。』 ああ、、、もう働きたくない、、、 働きたくないというか、何もしたくないし、なにもできない。 どうしたら今の気持ちがおさまるのかよくわからない。 そういう時は何かに乗っ取…

動悸・息切れ・生活に 5.29

欲しい写真集も、欲しい洋服もお金があるから手に入れるとか、それはやっぱり違うなって思う。何を大切にしたいのか、じっくりと考える。私たちにしかわからない言葉で、共通言語でしゃべっていたい。もっとどんどん知りたくなって近づきすぎてしまう。なん…

あめあめ 5.26

雨が上がった。 電車から見える自分の好きな街のことを思い出すと耳のてっぺんの当たりがしゅわしゅわする。 黒くしめったアスファルトの地面やしっとりと濡れた葉や花。 あー 最高だ。 毎日こうやって何かに感動してなんとかやり過ごしてる。 自分の好きな…

正解とは、、 5.25

写真に関してはそこに写っているものがそれで全てだし、その写真の中の世界が全ての正解だと思う。 写真はその浅い歴史をなぞりながら、今の時代にある写真が見られればおもしろさ倍増って感じなんだから、意味とか"ふぁいんあーと?"的な目線はちょっとまた…

ビリケンに靴下履いてごめんなさい 5.22

6月のシフトを催促され、来月はちょっと頑張ることにする。 6月が終わって、7月が来て、8月9月。夏が終わったら今度はどうなってるかな。 人との距離のとりかたって本当に色々やり方があっていつも驚かされるから、 来年の4月、引っ越すよなあとか、いや、も…